Affinity Designerの使い方: ペンとノードツールで線描画を自由自在に

Advertisement

ad-basics-pen-and-node-tools

Affinity Designer(AD)が楽しいので引き続き使い方をまとめています。

ツールによって新しい表現の可能性が広がるなぁと実感しながら、ADの使い方を学んでいます。学生時代に油やアクリルなどの絵の具の特性によって描き方そのものが変わることや、その特性が作品に与える影響を学んだことを思い出しました。何年前の話だっ!?笑

さて、今回はペンとノードツールの基本操作についてです。以下、Affinity Designer 1.4.1での操作です。

ペーンツールのモード

ADにはペーンツールのモードが4つあって、描きたい線によって使い分けられます。

ad-basics-pen-mode

ペンモード

シャープとスムーズなカーブをコントロールしながら線が描けます。ノードを追加した際にカーソルをドラッグするとカーブにできます。

ad-basics-pen-mode

スマートモード

自動でスムーズなカーブにしてくれます。ノード追加時にカーソルをドラッグしても位置が移動するだけでペンモードの時のようにカーブの調整はできません。

ad-basics-pen-smart-mode

ポリゴンモード

強制的にシャープなカーブになります。こちらもノード追加時にカーソルをドラッグしても位置が移動するだけです。

ad-basics-pen-polygon-mode

線モード

強制的に線だけ書けるモードです。こちらもノード追加時にカーソルをドラッグしても位置が移動するだけです。

ad-basics-pen-line-mode

ノードの種類の変換

ノードツールで選択したノードの種類を、シャープ、スムーズ、スマートの3つに変化できます。

ad-basics-node-transform

シャープでは角張ったギザギザな線、スムーズでは文字通りスムーズな線を、スマートではノードとノードを一番自然なカーブで結んでくれます。以下のGIFアニメでは、まずノードツールを有効にして線を選んでから全てのノードを選択。それからノードをシャープ、スムーズ、スマートの順に変換しています。

ad-basics-node-type-change

ちなみに、ノードは種類によって、シャープは四角、スムーズは丸、スマートは丸にドットで表示されます。

ad-basics-node-types-display

ノードの操作

ノードの追加とノート間のカーブの操作にはノードツールを使います。ノードツールを有効にして、線にマウスオーバーすると「~」みたいなのが出てくるので、そこでクリックするとノードが追加できます。クリックではなく、ドラッグするとノード間の線をカーブにする操作ができます。

ad-basics-note-manipulation

以上、Affinity Designerのペーンとノードツールの基本操作についてでした!

その他のAffinity Designer関連の記事

“Affinity Designerの使い方: ペンとノードツールで線描画を自由自在に” への2件のフィードバック

  1. 堀内達郎 より:

    Affinity Designer を昨日まで快適に使用していましたが、昨日突然中央の描画画面の両側にあったボタン類がすべて消えてしまい、何も作業ができなくなってしまいました。どの様にしたら回復するでしょうか。Mac OSは10.11.6です。また、Affinity Designerのマニュアルはありませんでしょうか。

    • ryo より:

      もしかして、tabキーを押してしまったとかじゃないですよね?
      それだったらもう一度tabキーを押せば戻ってくるんですが。

      あとは、Affinity Designerの「表示」メニューにある項目を確認してみると良いかもしれません。右側のが「スタジオ」で左側のが「ツールバー」という名前になってます。

      あと、マニュアルはヘルプが結構充実してますよ。
      メニューバーで「ヘルプ → Affinity Designerヘルプ」にあります。

      あまりお役に立ててないかもしれませんが、解決すると良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です