TotalFinderがHigh Sierraでも動くようになっていた件

Advertisement

Mac OS El Capitanから導入されたSystem Integrity Protection (SIP)のせいで使えなくなっていたTotalFinderが復活してました!High Sierraでも動きます。Finder補完ツールとしては一番気に入っていたので嬉しい限りです。これはめでたい。笑

v1.10.2をサイトからダウンロード して以下の手順でインストールしたらmacOS High Sierra (10.13.1)でも問題なく動きました

  1. SIPをオフにする
  2. TotalFinderをインストール
  3. SIPをオンに戻す

SIPオフ・オンの方法は以前に書いた記事をご覧ください。

TotalFinderの復活は結構前の話 でv1.9.0からだったみたいなんですけど、家のMacBook Pro (Retina, 13-inch, Mid 2014)をHigh Sierraにアップグレードして諸々のメンテをしていて気づきました。

気になったところ

ライセンス

v1.10.2をインストールしたら、以前購入していたライセンスが自動で認識されて登録されました。このMacBook ProはずーっとOSを更新して使ってきているので、ファイルが残ってたんですね。TotalFinderのライセンスは2010年に買ったやつだけど。。。

ちなみに、ライセンスは1,410円で購入できますよ(2017年11月12日現在)。

初回の起動でエラーが…

インストール後の初回の起動時に「ライセンス情報が失われたか設定がリセットされた」といった類いのエラー通知が出てきました。ライセンス情報も自動で登録されましたし、Macを再起動したらエラーが出てこなくなったので問題なさそうですけど。エラーが通知された際、このページ がリンクされてました。

メニュー

TotalFinderの設定画面には「Finder > TotalFinder」メニューから行けるんでしたっけね?メニューバーに表示している場合は、そこからもアクセスできますけど。

設定メモ

アイコンの変更

TotalFinderのアイコンはあまり好きではないので「環境設定 > Dock」で「Finderアイコンはオリジナルを使う」をオンにする

メニューバーアイコンを非表示

メニューバーのアイコンも邪魔なので「環境設定 > メニュー」から「メニューバーからTotalFinderを取り除く」をオンにする

バイザー機能がやっぱり便利

Finderが下からにょろっと出てくるバイザー機能は便利ですね。
起動ショートカットを「環境設定 > バイザー」で設定できるので、僕は⌘ + ⌘に設定しました。これでキーを2回打つとFinderが出てくるようになります。

システムファイルの表示・非表示

Shift + ⌘ + .がデフォルトのショートカットになってます。

カラム表示の列幅の自動調整

これも地味に便利ですね。デフォルトではオフのようなので、「環境設定 > ファイルブラウザ」で「カラム表示で列幅を自動的に調整します」をオンにします。

デュアルモードも便利

2つのWindowが画面に2分割で表示されるデュアルモードもやっぱり便利ですね〜。

以上、遅ればせながらTotalFinder復活祭でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です