効率的に文章を書くために覚えておくと良い裏技「TK」

Photo by damir.ME : CC BY-ND 2.0

1ヶ月ほど前のlifehackerの記事に、文章を書く際に覚えておくと良さそうなチップスがあったのでご紹介。それは「調べものは後でやる」というもの。

たとえばメルマガの文章を書いていて、ある事実を確認するためにググって調べるなんてことは本当に良くあることです。ただ、ググって書いて、ググって書いてという作業は非効率的です。検索の途中に他の面白い情報を見つけて脱線してしまうこともありそうです。

そこで、lifehackerで紹介していたのが、この「調べものは後でやる」方法。

文章作成中はその場で分からない事実の部分には「TK」と入れておくという方法で、たとえば「昨年の東京マラソンはTK日に行われ参加人数はTK万人だったそうです」のように。こうすると後で「TK」を検索して事実の確認をまとめて行える。また、この方法を制作チームで共有していれば、レビューなどの際に「TK」が残っているのを見つけたら修正してあげられますよね。

ちなみに、この文字が「TK」なのは、英単語で「T」の後に「K」が来る単語が少ないからなんだそうです。面白いですね。

Lifehackerの記事では他にも集中力を保って生産性を上げるためのチップスを紹介しているので、良かったらそちらも試してみては?

【参照】
集中力散漫なネット時代の僕らでも集中できる6つの方法 — Lifehacker

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です