HTML5の要素にも使われているCSSで頻繁に使われるクラス名とは?


ちょっと古い統計ですが、CSSのclass名に関する面白い統計があったのでご紹介。2005年12月のこの統計によると、ウェブサイトで頻繁に使われるクラス名は以下のとおりだそうです。

よく使われるCSSクラス名 Top 10

  1. footer
  2. menu
  3. title
  4. small
  5. text
  6. content
  7. header
  8. nav
  9. copyright
  10. button

参照: 「Google Code: Web Authoring Statistics – Classes

たしかに、headerやfooterは絶対使いますしmenuやtitleなど、トップ10に入っているその他のクラス名も使うことが多い気がします。この結果は10億以上ものサイトからの統計結果で、HTML5の要素ともだいぶ近いものになっているとのことです。

しかし、2005年って相当古いですね。説明ページにはFirefox 1.5をオススメします!なんて書いてありますよw

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です