WordPressの投稿をカレンダー表示できるプラグイン、Editorial Calendarが便利

Advertisement


ブログ記事を定期的に公開していこうと思うと、公開のスケジュール機能は必須です。WordPressでも各投稿の「公開予定日時」が設定できてとても便利なのですが、いくつか足りない機能もあります。たとえば、

  • 複数記事を壮観してスケジュールを決定できない
  • 日付を変更する場合、曜日が分からない

など、ちょっとしたところが不便です。それを解決してくれるのがEditorial CalendarというWordPressのプラグイン。

このプラグインをインストールすると、以下が可能になります。

  • 過去、未来の投稿をカレンダー表示で見ることができる
  • カレンダーから新規投稿ができる
  • ドラッグ&ドロップで記事の日付変更ができる

※カレンダー画面から新規投稿を追加して日本語でタイトルを入れると、文字変換を決定する際に投稿編集画面に移動してまいます。今のところ英単語でメモ的にタイトルを入れて回避してますが、これを除けばとても便利なプラグインです。

プラグインのダウンロードはこちらから。インストールの手順は以下の通りです。

  1. ダウンロードしたファイルを解凍してWordPressのプラグインフォルダに入れます ( wp-content/plugins )。
  2. WordPress管理画面の「プラグイン」設定画面にEditorial Calendarを有効にします。

他にもWordPressの便利なプラグインをご存知の方は、コメント欄でぜひ教えてください!

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

“WordPressの投稿をカレンダー表示できるプラグイン、Editorial Calendarが便利” への1件のコメント

  1. […] WordPressの投稿をカレンダー形式で表示して管理出来るプラグイン、『Editorial Calendar』がRriverさんやWEBLEさんで紹介されていて、便利そうなのでうちにも導入してみました。予約投稿や下書き記事をドラッグ&ドロップで簡単に移動することが出来るんですね。すごい。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です