WordPressデータベース復元の際にphpMyAdminで「Incorrect format parameter」エラーが出た時の対処法

phpMyAdminでWordPressのデータベースをインポートしようとしたら「Incorrect format parameter」というエラーが出てきて困ったので対処法をメモっておきます。MacでMAMPを使ってローカル環境にWordPressブログを復元しようとした際に起こったエラーです。

結論から言ってしまうと、データベースのファイルサイズが大きすぎて読み込めないのが原因でした。「Incorrect format parameter」というエラーの内容からは想像できなかったので戸惑いました。エラーの文言を変えて欲しい。あと、Firefox(66.0.3/Mac)だと、そもそもインポートできなかったので要注意です。Chrome(73.0.3683.103/Mac)では問題ありませんでした。

エラー画面は以下のように表示されます。

phpMyAdminのエラー画面

解決方法

MAMPのphp.iniで設定を変えることで問題が解決しました。
変更したのは以下の2つの項目の値です。

php.iniで変更した設定項目
設定項目 変更前 変更後
upload_max_filesize 2M 32M
post_max_size 8M 32M

僕の場合、データベースファイルが13.6MBだったので、上の2つの設定を余裕を持って32Mにしました。これで、データベースファイルが大きくなっても、しばらくは設定変更しなくて済むでしょう。

php.iniの設定確認

MAMPを立ち上げて「Open WebStart Page」をクリックするとMAMPのスタートページがブラウザで開きます。

MAMPの「Open WebStart Page」ボタン

メニューの「TOOLS」から「PHPINFO」を選ぶとphp.iniに設定されている項目の値が一覧で表示されます。

MAMPのPHPINFOページ

このページで、先ほどの2つの項目を検索すると設定されている値が確認できます。

php.iniの保存場所

PHPINFOの「Loaded Configuration File 」の値を見ると、php.iniの保存場所が確認できます。

僕の環境では以下にありました。

/Applications/MAMP/bin/php/php7.2.14/conf/php.ini

php.iniの編集

php.iniをテキストエディターで開いて、先ほどの2つの項目を変更します。

post_max_size = 8M
upload_max_filesize = 2M

それぞれの項目の値を以下のように変更します。

post_max_size = 32M
upload_max_filesize = 32M

MAMPでサーバを再起動してPHPINFOを確認して、値が変更されていれば設定完了です。

僕の場合は、これで問題なくデータベースファイルをインポートできるようになりました。ちなみに、インポートには結構な時間がかかります。

各種バージョンのメモ

エラーが発生した際の、アプリやサーバのバージョンは以下の通りでした。

アプリとサーバのバージョン
MAMP 5.3
phpMyAdmin 4.8.5
MySQL 5.7.25

ちなみにWordPressのデータベースは以下の環境でエクスポートしたものです。

エクスポート元の環境
MySQL 5.5.59-log
phpMyAdmin 3.3.10.5

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です