iPadをMacに接続したときにiPhotoを起動しないようにする方法

iPadをMacにつなげたときにiPhotoが自動で起動してしまうのを防ぐ方法がLifehacker.comに載っていたのでご紹介。

僕の場合、iPadから写真を取り込むことはないのでiPhotoを起動する必要はほとんどありません。古いMacBookだと動作が遅くなるので、この情報は大変助かりました。

設定方法は以下のとおり:

  1. iPadをMacに接続する
  2. 「アプリケーション」フォルダにある「イメージキャプチャ.app」を起動
  3. デバイスに表示されるiPadをクリック
  4. 左下に出てくる「このiPadを接続時に開くアプリ・・・」から「割り当てなし」を選択

これで次回接続したときにはiPhotoは起動しなくなります。iPhoneやiPodでも同じように設定ができるようです。

いつも便利な情報を提供してくれるLifehacker.comこの記事に載っていました。Lifehackerさん、ありがとうございます。

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です