MacBook Proでスクリーンセーバーが起動するとファンがうるさくなる時の対処法

Advertisement

最近、MacBook Pro(Retina, 13-inch, Mid 2014)で作業をしていると、たまにファンがうるさくなる時がありました。2つほど原因があったので、また発生した時のために対処法をメモっておきます。同じ問題に出くわした方の参考になれば幸いです。

目次

スクリーンセーバーが起動するとファンがうるさくなる

スクリーンセーバーをFlurryとかArabesqueに設定しているとCPUの負荷が上がるみたいで、スクリーンセーバーが起動した時にファンが高速で回り出します。スクリーンセーバーでファンがなるほどCPUに負荷かけるってどうなのよ?と思いますが、仕方がないので一番負荷が低そうなクラシックに設定してNational Geographicの写真を表示させるようにしました。設定を変えてから、今のところファンは落ち着いています。

関係ないですけど、さすがNational Geographicの写真は綺麗ですね〜

Atom Editorのautocomplete-pathsがCPUに負荷をかける

Atom Editor をブログの執筆に使っているので立ち上げていることが多いのですが、MacBook Proのファンがうるさくなり始めた時にアクティビティモニター を確認したら、Atom EditorがCPUに負荷をかけているのがわかりました。

ググってみたら、どうやらデフォルトでインストールされているautocomplete-pathsというパッケージが悪さをしているらしい。1,000個以上ファイルがあるプロジェクトを開いていると、このパッケージのせいでCPUに負荷がかかるみたいです。

このパッケージのデフォルト設定では「Max File Count」が1,000に設定されていて、それを越えていると問題が起こるみたいです。そこで、このデフォルト設定を10,000に変更したらファンがうるさくならなくなりました。そもそも1,000を越えるファイルを扱うことってそれほど多くないと思うので、たいていの場合は問題ないと思いますが。もしAtom EditorがCPUに負荷をかけているようだったら、このパッケージのせいかもしれません。確かめてみてください。

ちなみにAtomのバージョンは1.20.1 x64です。

SMC(システム管理コントローラ)のリセットについて

Appleのサポートウェブサイト で「SMC のリセットが必要だと思われる場合の兆候」の1つとして「コンピュータへの負荷が高くなく、正しく通気されているにもかかわらず、コンピュータのファンが高速で回転する」というのがあります。

そこで、MacBook Proのファンが頻繁にうるさくなるようになってからSMCのリセットを何度か試してみたんですが、特に効果はなかったみたいです。僕の場合は、上述の2つが原因だったようなので、SMCは関係なかったんですかね?

SMCのリセット方法

上記サポートウェブサイトではリセットする前の確認作業や詳しい手順が書いてありますが、手っ取り早くSMCをリセットしたい時のためにメモっておきます。以下、バッテリーの取り外しができないIntel搭載のMacノートの場合の手順です。その他の端末の場合はサポートサイトをご参照ください。

  1. システムを終了する
  2. キーボードの左側の⇧ + ^ + ⌥キーと電源ボタンを押して10秒待つ
  3. 1度すべてのキーを放してからMacを起動する

さいごに

ということで、MacBook Proのファンがうるさくなった時の原因と対象法をいくつかご紹介しました。

僕のMacBook ProはMid 2014モデルなので使い始めてから3年ちょいたってますが、まだしばらくは使いたいので現役で頑張ってもらいたいです。新しいMacBook Proは、なんかまだ安定してない気がするし…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です