複数バージョンのFirefoxをMacにインストールする方法

Advertisement

最近アクセス解析を見たらFirefoxのバージョンが3.6xと5.xに別れてきていたので、複数のバージョンでのテストを余儀なくされています。そこで、複数バージョンのFirefoxをインストールして利用する方法を探してみたんですが、これが結構面倒くさい。。。忘れないように覚え書きとしてまとめておきます。

今回はより厄介なMacでのインストール方法から。

インストールファイルをダウンロード

まずは、インストールしたいバージョンを以下からダウンロード:

プロファイルの作成

ダウンロードした複数バージョンのFirefoxを、ファイル名を変更して使うこともできるんですが、それだと立ち上げるごとにアドオンの更新を促されたり、履歴が残らなかったりします。それを回避するために、それぞれのバージョン毎にプロファイルを作ります。これをすることで以下が可能になります:

  • 履歴や設定がキープできる
  • アドオンを個別にインストールできる

以下が、プロファイルを作る方法です:

  1. インストールしたいFirefoxのバージョンのAppファイルを「アプリケーション」フォルダにコピー
  2. ファイル名を変更する。例) Firefox.app → Firefox3.6.19.app
  3. Terminalを起動して、以下のディレクトリに移動
/Applications/Firefox3.6.19.app/Contents/MacOS
  1. 以下のコマンドを入力して、Firefoxのプロファイルマネージャーを開く
./firefox-bin -ProfileManager
  1. 以下の画面が開くので、それぞれのバージョン用にプロファイルを作成する

他のバージョンのインストール

それぞれのバージョン向けのプロファイルが用意できたら、インストールしたいFirefoxのバージョンを随時アプリケーションフォルダーにコピーして、ファイル名を変更します。

Firefoxの起動

それぞれのバージョンのFirefoxを起動すると、プロファイルを選択する画面が表示されます。ここで各バージョン用に作成したプロファイルを選択して「Firefoxを起動」をクリックします。

まとめ

起動のたびにプロファイルを選択するのは面倒ですが、これが一番確実な方法みたいです。ターミナルからファイルを書き換えて、プロファイルの選択を自動でする方法がここの記事 (英語)で紹介されていたんですが、うまく行きませんでした。

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です