MAMPのアップグレード手順のまとめ(1.8.2から1.9.4)

MacにApache、MySQL、PHPの環境を簡単に設置できるMAMPですが、MacBookに入れてたやつが古くなってきたのでアップグレードしてみました。Apacheの設定やデータベースファイルとかサイトファイルの移行など、けっこう面倒くさいかと思っていましたが、意外とサクっとできました。

今回は、1.8.2から1.9.4にアップグレードしました。

アップグレードの手順

アップグレードの手順は、MAMPオフィシャルの「Upgrading MAMP & MAMP PRO (PDF) 」というドキュメントを参考にしました。

手順は以下のとおり:

  1. アプリケーションフォルダにある「MAMP」フォルダを「MAMP_old」に変更
  2. 最新版のMAMPをダウンロード
  3. 「MAMP」をアプリケーションフォルダに移動
  4. 「MAMP_old」から「MAMP」へ以下をコピー
    • MySQLのデータベース
      MAMP/db/mysql/ 以下にあるデータベースフォルダをコピー
    • サイトファイル
      MAMP/htdocs/ 以下にあるサイトファイルをコピー
  5. Apacheのhttpd.confの編集

Apacheの設定ファイル(httpd.conf)の編集

メインの設定ファイル「httpd.conf」は結構長いファイルなので、あとで編集箇所を探すのが大変。なので、今回は新しく記述するものに関しては別ファイルをつくってhttpd.confからインクルードするようにしました。

MAMPフォルダの conf/apahce にあるhttpd.confに以下を追加

Include /Applications/MAMP/conf/apache/virhost.conf

virhost.conf にいつも設定するバーチャルホストの記述を追加しました。

Listen 8001

<VirtualHost *:8001>
DocumentRoot "/Applications/MAMP/htdocs/site001"
</VirtualHost>

PHPの設定

今回は以下のPHPまわりの設定もしておきました。
phpとpearをターミナルからフルパスを入れずに動かせるように、Mac OS Xの既存のPHPとPEARの名前を変更して、MAMP版のほうにシンボリックリンクを追加しました。

$ cd /usr/bin
$ sudo mv php php_original
$ sudo ln -s /Applications/MAMP/bin/php5.3/bin/php /usr/bin/php

$ sudo mv pear pear_original
$ sudo ln -s /Applications/MAMP/bin/php5.3/bin/pear /usr/bin/pear

$ sudo mv pear pecl
$ sudo ln -s /Applications/MAMP/bin/php5.3/bin/pear /usr/bin/pecl

これでpearやpeclの拡張ライブラリのインストールの準備も万全になりました。

更新履歴

  • Bashの記述にテキストハイライターを適用して古くなっていたレイアウトを調整しました。内容自体は公開時のままになっています(2018/5/1)

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です