ウェブ制作者のための「はじめてのiOS VoiceOver」チュートリアル(初級編)

Advertisement

先日Twitterでアンケートをしたらウェブ制作に関わる方々でスマホの読み上げ機能を使ったことがある方が少ないとのことだったので、はじめてiOS VoiceOverを使うときに困らないように、スクリーンリーダーの超初心者の僕がハマったところや難しいと感じたところをふまえて、チュートリアル的に使い方をまとめてみます。

iOS VoiceOverを初めて使う方のお役に立てれば幸いです。順を追ってiOS VoiceOverに一緒にチャレンジして行きましょう!

目次

以下、ページ内のセクションへのリンクです。

VoiceOverをショートカットに入れておく

VoiceOverを使い始めるまえにやっておいていもらいたいことが1つだけあります。それは、アクセシビリティショートカットの設定です。

VoiceOverのオン・オフ設定はかなり深いところ(設定 > 一般 > アクセシビリティ > VoiceOver)にあるので、VoiceOverの操作がわからないとVoiceOverをオンにしたときにこの設定にたどり着くのも一苦労です。慣れないうちは簡単にオン・オフできるようにアクセシビリティショートカットの設定をオススメします。

アクセシビリティショートカットは、アクセシビリティ画面の一番下にある「ショートカット」から設定できます。

iOSの「アクセシビリティ」設定画面の最下部

ショートカット画面でVoiceOverにチェックを入れます。

iOSの「アクセシビリティ ショートカット」設定画面

これでショートカットが設定できました。

ショートカットの実行

ホームボタンがあるiOS端末の場合、ホームボタンをトリプルクリックすると設定したショートカットが実行できます。iPhone Xの場合はサイドボタンをトリプルクリックします。ショートカットに設定されている項目がVoiceOverのみの場合、VoiceOverがすぐにオンになります。複数ショートカットが設定されている場合、設定したショートカットを選ぶ画面が出て来ます。

A11Yショートカットが複数設定されている場合に出てくる画面

これで、VoiceOverの操作でハマっても、ここからすぐにオフにできるので安心ですね。

VoiceOverがオンの時にロックスクリーンを解除する方法

アクセシビリティショートカットにVoiceOverを設定しておけば問題ないと思いますが、僕はVoiceOverを使ったときにiPhone Xのロック画面の解除の仕方がわからなくなってかなり焦ったので、一応書いておきます。

iPhone Xの場合

画面の最下部から1本の指で上にスワイプします。振動(ハプティックフィードバック)を感じたら指を離します。

Touch IDが設定してある場合

ホームボタンに指を当てるかボタンを押すとロックが解除されます。

その他のホームボタンのあるiOS端末

ホームボタンを押すとロック解除画面が出てくるので、通常通りパスコードを入力します。ただ、この際、以下のステップを繰り返す必要があります。

  1. 数字を一度タップして選択(選択された項目が線で囲われます)
  2. 画面をダブルタップして入力
  3. 次の数字をタップして選択
  4. 画面をダブルタップして入力

通常は一度タップすると数字が入力されますが、VoiceOverがオンの状態だと、一度数字を選択をしてからダブルタップして入力するという2つのステップが必要になります。ちなみに、他の項目が選択された状態で画面の他の部分をダブルタップしても、選択されている項目が入力されます。

iPhoneの画面が突然真っ暗になってしまったら

VoiceOverにはスクリーンカーテンという機能があって、3本指でトリプルタップをすると操作を有効にしたまま画面をオフにできます。画面がオフになってしまったらもう一度3本指でトリプルタップ(ズーム機能がオンの場合は4回)すると元に戻ります

Appleのサポートサイト によると「たとえば、公共の場で銀行の口座をチェックしたい場合、情報を見られないように、スクリーンカーテンを使って画面を暗くすることができます」とのこと。便利ですね。

ただ、なにかの拍子に3本指でトリプルタップをしてしまって画面が真っ暗になってしまうと焦ります。僕もVoiceOverの機能を試している際に、適当に画面をタップしていたら画面が突然真っ暗になってビビりましたw

これもVoiceOverでハマるポイントなんですね。伊原さんにTweet で教えていただきました。ありがとうございます!

ということで、これで準備は完了です。次にウェブページを読み上げてみましょう!

VoiceOverでページを読んでみる

さて、準備ができたところで早速VoiceOverを使ってウェブページを読んでみましょう。

Safariで以下のページを開いてみてください。以下、Mediumにアップした僕の記事ですw

ページが開けたら、先ほど設定したショートカットからVoiceOverをオンにしてみましょう。

VoiceOverをオンにしたら、まずは1本指で右にスワイプしてみてください。何回かやってみて今度は左にスワイプしてみてください。選択される要素が進んだり戻ったりします。そして、要素が選択されるたびに読み上げられます。

図: 1本指で左右にスワイプする

1本指で右にスワイプすると、次の要素が選択されて読み上げられます。1本指で左にスワイプすると前の要素が選択されて読み上げられます。

次に画面上の要素を1本指でタップしてみてください。例えばタイトルをタップしてみてください。

図: 1本指でタップ

タイトルが読み上げられますよね?

やりたいこと 操作方法
1つ先の要素を選択 1本指で右にスワイプ
1つ前の要素を選択 1本指で左にスワイプ
要素の選択 1本指でタップ

ページの最初から続けて要素を読み上げる

要素間の移動や選択はできましたが、これだと1つ1つ読み上げられたら止まってしまうので、長いページを読むのには不便です。

ということで、今度は2本指で上にスワイプしてみてください。そうすると画面の最上部から読み上げが始まります。これは、ページのどの部分にいても画面の最上部に移動して継続してページ(画面全体)が読み上げられます。

図: 2本指で上にスワイプする

読み上げを停止するには、2本指で画面をタップしてください。停止たところから再会させるには、もう一度2本指でタップしてください。

図: 2本指でタップ

では、いま選択されている要素から継続して読み上げさせたい場合はどうでしょう?

読み上げを停止させた状態で、2本指で下にスワイプしてみてください。

図: 2本指で下にスワイプする

今度は、選択されている要素から読み上げが始まり、その要素の読み上げが終わったら自動で次の要素に移動して読み上げられましたよね?そのままにしておくと画面の最後まで読み上げてくれます。

やりたいこと 操作方法
最上部から画面全体を読み上げる 2本指で上にスワイプ
読み上げの一時停止 2本指でタップ
選択された項目から一番下まで読み上げる 2本指で下にスワイプ

ページをスクロールする

初級編の最後にもう一つだけ、ページのスクロールのやり方を覚えて今回は終わりにしましょう。通常、1本指で画面をスワイプすればスクロールできますが、VoiceOverがオンの状態では3本指を使います。

3本指で上にスワイプしてみてください。「全Xページ中Yページ目」と読み上げられてページが移動します。

図: 3本指で上下にスワイプスる

普段スマホでウェブサイトを閲覧していると「ページ」という概念がないので、僕は「ページ」と言われてもなかなかぴんと来ませんでしたが、ページを見ないで操作することを考えると1画面ずつ移動しないと現在地がわからないですもんね。

今度は、3本指で下にスワイプしてみてください。元のページに戻れましたね?

やりたいこと 操作方法
画面のスクロール(ページ間の移動) 3本指で上下にスワイプ

これで「初級編」のチュートリアルは終わりです!

「ウェブ制作者のための」とした理由

内容はウェブ制作者限定ではないんですけど、ウェブ制作者の方々の間でVoiceOverを使える人が増えるといいなぁと思い、ここではあえて「ウェブ制作者のための」としました。

端末とiOSバージョンについて

この記事を書いた際に使った端末とOSバージョンはiPhone XのiOS 11.3.1とiPad Pro 9.7のiOS 11.3.1です。バージョンが変わって細かい設定や使い方が変わる可能性があるので念のため書いておきます。

iOS VoiceOverのマニュアルはどこ?

iOS VoiceOverのマニュアルは下記ウェブサイトで見られます。

ちなみに、Mac版ではなくiOS版を選んだ理由は、iOS版のほうが手軽に試せると思ったからです。まずはiOS版で慣れて、次にMac版やNVDAなどの他のスクリーンリーダーに発展していきたいと思っています。

さいごに

どうでしょうか?
順を追ってやっていけば、それほど難しくないですよね?

ここで書いた基本操作を覚えれば、とりあえずはウェブサイトを読み上げることができると思います。ぜひ、自分が制作を担当したウェブサイトをVoiceOverで読んでみてください。衝撃を受けるかもしれませんよw

余談になりますが、VoiceOverを使ってみて思ったんですが、長いブログ記事などはVoiceOverで「聞く」のもアリかもしれないですね。皿洗いやアイロンがけなどの家事をしながらとか、いいかも。

Enjoy learning how to use iOS VoiceOver!

中級編

中級編ではローターという機能の使い方を覚えましょう!

更新情報

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です