3クリック・ルールという神話。じゃぁ、何クリックならいいの?

20110804-110928.jpg

Photo by Francisco Javier Argel

最近、ウェブサイトのリフォーム作業をしていて、つくづくウェブサイト制作って難しいなぁと実感しています。そんな「難しい」の一つ、今回はナビゲーションについてちょっとまとめておきたいと思います。

きっかけは、先日行った社内レビューでした。

「必要な情報にはトップページから1クリックでたどり着けるべき」といった旨のコメントをもらって、改めてナビゲーションについて考えたさせられてしまったのです。「1クリックはいくらなんでも無理だろう〜。」なんて思いつつ「じゃぁ、なんクリックだったらいいんだ?」なんて疑問に思ってみたり。。。

確かに、より少ないクリックで求めている情報にたどり着けるのが理想のように思えます。サイトの目的によっては1クリックでユーザが目的を達成できるサイトもありかもしれません。しかし、ある程度ボリュームのあるウェブサイトでは、現実的ではないし、そうあるべきだという根拠もない。。。

ナビゲーションとは?

ウェブサイトのナビゲーションは、ユーザを目的とする情報や達成したいゴールにスムーズに案内するためのもので、クリック数で良し悪しが決まるものではないと思います。ユーザの目的やサイト・オーナーの目論見・目的などが複雑に絡み合ったウェブサイトで、1クリックでトップページから目的のページにたどり着けるように設計するというのは、特殊な場合を除いて望ましいとは言えないと思います。

では、ナビゲーションを構築する際に指針となるものは?

3クリック・ルールってどうよ?

そういえば「3クリック・ルール」なんてものがありましたね。。。「トップページから1クリックで。。。」というコメントをもらったときも、一番始めに思い出したのがこの「3クリック・ルール」でした。

ユーザは3クリック以内で求めている情報にたどり着けないと不満に思ってサイトを去ってしまう、といった内容のもので、ある意味「ウェブの常識」的に扱われているようにも思います。

これまで「ユーザにいかにゴールにたどり着いてもらえるか?」ということにフォーカスして制作をしてきたので「クリック数」をそれほど意識したことはありませんでした。自分自身、ウェブサイトを使っていて、3クリック以上は無理!と感じたこともなかったですし。他のことで不満に思ってサイトを去ったことはあっても、3クリック以内でたどり着けないことが理由でサイトを去ったことはないと思います。

考えていたら、だんだん「これって根拠あるのかな?」と疑問に思えてきました。そして、ちょっと調べてみました。

3クリック・ルールは神話だった

結論から言ってしまうと「3クリック・ルール」は神話でしかないようです。そこに統計的な根拠はなく、ユーザビリティ・テストでは、目的とする情報にたどり着けるまでのクリック数は、ユーザの満足度やゴール達成度といったものに影響を与えないという結果も出ているそうです(※)。

3クリック・ルールをテストする

Testing the Three-Click Rule
3クリック・ルールが本当なら、クリック数とユーザの目的達成度になんらかの関連性があると仮定して、44人に合計620のタスクをしてもらうテストを行ったそうです。その結果、クリック数と目的達成度には関連性が見られるデータは取れなかったそうです。目的を3クリックで達成するユーザもいれば、24クリックで達成するユーザもいた。また、達成できなかったユーザも3クリックで諦める人もいれば、24クリックで諦める人もいた。

また、達成度との関連性だけでなく、満足度について調査した結果、クリック数による満足度の違いも見られなかったそうです。3クリックのユーザも24クリックのユーザも同じ割合の満足度を示したそうです。

1クリック・ルール?

Breaking the Law: The 3 Click Rule」という記事で「1クリック・ルール」というのが紹介されているんですが、誤解を生みそうなネーミングはさておき、考え方には同意するのでご紹介。

この「1クリック・ルール」、「リンクをクリックする度に、必要のない選択肢が減り確実にゴールに近づけるようにナビゲーションを構築する」というもの。クリック数を気にするのではなく、クリック毎の質を良くして行こうという考え方ですね。

より柔軟で、幅広いシチュエーションに対応できる考え方だと思います。ナビゲーションの役割をユーザを迷わせないことだとすると、この「1クリック・ルール」は理想的ではないでしょうか?

まとめ

  • クリック数に惑わされない
  • 3クリック・ルールに根拠はない
  • ユーザのタスク達成度、満足度に「3クリック」は関係ない
  • クリックするごとにユーザが目的に近づけるようにナビゲーションを設計する「1クリック・ルール」が良い指針になりそう
  • ウェブサイトの目的にあったナビゲーションにできているかが重要

参照

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です