MacでEssential PhoneにAndroid P Betaをインストールする方法

Advertisement

久しくAndroidをがっつり使っていないしAndroid Pも使ってみたかったのでEssential Phone を米Amazon.com で買ってみました。まずは1週間ほど使ってみてAndroid Oreoにだいぶ慣れたので、今度はAndroid Pをインストールしてみました。

インストール方法は検索すれば情報が出てきますが、僕は少しハマって苦労したのでメモを残しておきます。ちなみにAndroid Pはまだベータ版なので、あくまで自己責任で!バックアップを取るなり準備してからやってくださいね。

既知の問題は下記ページから見られます。

OTA版とFastboot版

Android PのインストールにはOTA版とFastboot版があって、OTA版だと「サイドロード(Sideload)」で既存の設定を残したままAndroid P Betaがインストールできます。通常のOSアップデートと同じようにOTA(Over The Air)でAndroid PにOSを「アップデート」できるみたいです。

逆にFastboot版の場合、すべてのデータを削除してAndroid P Betaをインストールするようです。ちなみに、Fastboot版でインストールするとWiFiに問題があるとのことだったのでOTA版をインストールしました。

以下、僕がMacBook Pro(Mid 2014)を使ってEssential PhoneにOTA版のAndroid P Betaをインストールした際の手順です(2018年6月17日現在)。

1. Android Pのイメージをダウンロード

EssentialのウェブサイトからAndroid Pのイメージをダウンロードします。「Developer Preview」のページで「Download and Flash the Android P Beta」を選ぶと氏名、メール、EP-1のシリアル番号を入力するフォームが出てきます。

Essential PhoneウェブサイトのDeveloper PreviewページにあるAndroid P Betaをダウンロードするための入力フォーム

情報を入力してフォームを送信するとZIPファイルをダウンロードできます。

フォームを送信するとでくる画面。OTA版とFastboot版のダウンロードファイルが選べる

2. adb(Android Debug Bridge)の準備

MacとEssential PhoneをつなげてAndroid P Betaをインストールするためにはadb(Android Debug Bridge)が必要になります。下記ウェブサイトからPlatform Toolsのみをダウンロードします。僕はAndroid Studioをインストールしちゃいましたが…。

上のページの「Downloads」の下にある「SDK Platform-Tools for Mac」をクリックします。

ターミナルから「adb」を実行できればOKです。たとえば、「ダウンロード」フォルダにファイルを保存した場合、以下のコマンドでadbが動くはずです。

$ ~/Downloads/platform-tools/adb

3. Essential Phoneの準備

今度はEssential Phoneの設定をします。

開発者向けオプションをオンにする

  • 設定 > システム > 端末情報 > ビルド番号を7回タップして開発者モードをオンにする
  • 「システム」画面に戻ると「開発者向けオプション」が出てくるのでタップする

開発者向けオプションの設定変更

開発者向けオプション画面で以下を設定します。

  • 「OEMロック解除」をオンにする
  • 「USBデバッグ」をオンにする
  • 「デフォルトのUSB設定」(ページの中間あたりにあります)で「ファイル転送」を選ぶ

これで端末の準備は完了です。

4. USBケーブルでEssential PhoneとMacを接続

USBケーブでEssential PhoneとMacを接続してターミナルから以下のコマンドを実行します。

$ ~/Downloads/platform-tools/adb devices

問題なければ端末のシリアル番号が表示されます。

$ ~/Downloads/platform-tools/adb devices
List of devices attached
XXXXXXXXXXXXXXXX device

ちなみに、Essential PhoneにはUSB-C to USB-Cのケーブルしか付いてきません。僕のMacBook ProはUSB-AしかないのでAnkerのUSB-A & USB-CケーブルをAmazon.co.jp で買いました。

adbで端末を認識しない場合

adb devicesのコマンドを実行しても端末情報が出てこない場合は、開発者オプションの「デフォルトのUSB設定」で「ファイル転送」が選ばれているかもう一度確認してみてください。

5. adbからAndroid P Betaをインストール

無事、端末情報が表示されたら以下のコマンドを実行します。

$ ~/Downloads/platform-tools/adb reboot recovery

Essential Phoneが再起動してリカバリ画面(Androidロボットが転んでる画面)が出てきます。この画面でボリュームダウンボタンを押したまま電源ボタンを押して、ボリュームアップボタンを押します。

「Android Recovery」の画面が表示されます。

Essential Phoneに表示されるAndroid Recoveryの画面

ボリュームダウンで「Apply update from ADB」を選択して電源ボタンを押します。下の画像は少し先に進んじゃってますが「Now send the package you want to apply to the device with “ads sideload ”…」と出てきます。

Essential PhoneでApply update from ADBを選んだ際に出てくる画面

Macのターミナルから以下のコマンドを実行します。ファイル名は#1でダウンロードしたZIPファイルです。

$ ~/Downloads/platform-tools/adb sideload ファイル名

これでAndroid P Betaがインストールされます。

Essential PhoneにAndroid P Betaがインストールされている時の画面

さいごに

iPhoneばかり使っているとAndroidユーザの気持ちがわからなくなりそうなので、しばらくはEssential Phoneをじっくり使ってみようと思います。スクリーンも大きいし綺麗だし、Android P Betaもサクサク動いて今のところ快適です。見た目のシンプルさも気に入っています。

モバイルSuicaが使えないとか、カメラアプリがまぁまぁだとか、細いところでは気になるところはありますが、コスパの高い良いスマホだと思います。しばらくUIの研究とかして遊べそうですw

参考

Android P Betaのインストールには、以下のサイトを参考にさせていただきました。

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です