Google検索結果の1位と2位のクリック率の差

Advertisement

Chitika Researchで発表された2010年5月のデータによると、Google検索結果の1位からのトラフィックは2位の場合の約2倍だったそうです。SEOするなら1位を狙えということでしょう。ただ、業界やキーワードなどによって数値が大幅に違ってくるとも思うので、これを真に受けてなにがなんでも1位じゃないとダメということでもないと思います。

コメント欄にも以下のような面白いものがありました:

  • 1〜3位の情報が似通っている場合、3位で購入する人が多い
  • これは「そうかも」と思わされました。クリックしても成約(購入や資料請求など)しているとは限りませんもんね。だからといって3位を狙う必要はないと思いますが、キーワードによっては無理して1位にならなくても良いということでしょうか。

    「1位と2位は情報サイトの場合が多く、3位のほうががクリックされる」というコメントもありました。実体験からコメントされているようなので、そういう場合もあるということでしょうか。

  • 10位がSweet Spot
    データを見ると10位からは223,320件、11位からは91,978件のトラフィックが来ています。11位は検索結果の2ページ目になってしまうので当然だと思いますが、お金や労力をかけてSEOするなら競合の多いキーワードでも10位には入らないともったいない。

ちなみに、ChitikaはGoogle Adwordsのような広告サービスを提供している会社で、この数値はGoogleからその広告ネットワークへの流入トラフィックから算出したそうです(2010年5月の約825万インプレッション)。

くわしいデータはChitika Researchのこの記事から。

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です