MS Edge DevのMac VirtualBox版Microsoft Edge on Win10でフルスクリーンにならない時の注意点

Advertisement

そろそろ自宅のMacBookにMicrosoft Edgeのテスト環境を作っておこうと思い、Microsoft Edge Dev(旧modern.IE) からVirtualBox用の仮装マシンをダウンロードしたんですが、なぜかフルスクリーン機能が使えなくて困りました。

同じように困っている方がいたら、以下の2点をチェックすると良いかもしれません。

  1. VirtualBox Guest Additionsをインストールする
  2. ビデオメモリーを18MB以上にする

マシン環境とインストールした仮装マシン

まずは、今回の問題に出くわしたマシン環境とインストールした仮装マシンの詳細です。

マシン環境

  • MacBook Pro / OS X Yosemite 10.10.5
  • VirtualBox 4.3.30 r101610

インストールした仮装マシン

Microsoft Edge Dev で、下の画像のように「Microsoft Edge on Win10」の「VirtualBox」版をダウンロードしました。そして、解凍してできた.ovaをダブルクリックして、出てきた設定画面でなにも変更せずに仮装マシンをVirtualBoxにインストールしました。

ファイル解凍の際にも注意が必要

ちなみに、約5GBのSingle File版をダウンロードして解凍したのですが、デフォルトの解凍ソフトではうまく解凍できませんでした。ZIPファイルを右クリックして「The Unarchiver」を使ったら.ovaファイルにうまく解凍されました。

フルスクリーン機能を使うための2つの注意点

VirtualBoxで「Switch to Fullscreen」にしてもWin10のスクリーンが自動的にリサイズされない場合は、以下の2点をチェックすると良さそうです。

1. VirtualBox Guest Additionsをインストールする

VirtualBox Guest Additionsのインストールには、仮装マシンを起動した際に出てくる「Device」メニューから「Insert Guest Additions CD Image…(Host+D)」を選びます。そうすると、仮想マシンのCDドライブに「VirtualBox Guest Additions」が出てくるので、そこから「VBoxWindowsAdditions.exe」を実行してGuest Additionsをインストールします。

2. ビデオメモリーを18MB以上にする

ダウンロードした.ovaファイルをダブルクリックして、設定を変えずに仮装マシンをインストールするとビデオメモリーが18MB未満に設定されています。以下のようにエラーメッセージが出ている状態なので、設定を18MB以上に変更する必要があります。

ビデオメモリーの変更方法

ビデオメモリーの変更は、以下の手順で行います。

1. 仮装マシンの電源をオフにした状態で「設定」ボタンをクリック

2. ディスプレー設定画面でビデオメモリーを変更

以下の設定が画面から「ディスプレー」を選択して「ビデオメモリー」を18MB以上にすると、さきほどのエラーメッセージが消えます。

これで次に仮装マシンを起動した際にはフルスクリーン機能が使えるはずです。

Edgeユーザはまだそれほど多くはないかもしれませんが、すぐに無視できない存在になるかもしれません。Google AnalyticsでEdgeがでてこない などの問題があったようですが「Edge」として表示されるようになったみたいです。

テスト頑張りましょ〜。

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です