Sublime TextみたいにAtomのTree Viewでファイルをクリックした時に新しいタブを開かないようにする方法

Advertisement

Atomのデフォルト設定では、Tree Viewでファイルをクリックすると新しいタブでファイルが開いてしまいます。これだと、Sublime Textの時みたいに、ちょっとファイルの中身を見たいだけなのに、ファイルをクリックしただけで新しいタブが増えてしまって不便です。個人的にはSublime Textのようにシングル・クリックでファイルのプレビュー、ダブル・クリックでファイルを開くほうが好みです。

Atomでも設定を変えられますが、方法がわかりづらかったのでメモっておきます。

1. 設定画面の「Packages」から「Tabs」を検索

⌘ - ,で設定画面を開いて「Packages」を開きます。ここからインストールされているパッケージが検索できるので、画像のように「tabs」で検索します。

2. Tabsパッケージの設定を開く

「Core Packages」の下に「Tabs」が出てくるので「Settings」を開きます。

「Use Preview Tabs」にチェックを入れる

下の画像のように「Use Preview Tabs」にチェックを入れます。以上です!

ちなみに、余談になりますが、コミュニティーパッケージだったものがコアパッケージに取り込まれたそうです。

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です