MacアドレスブックからWin7経由でDoCoMo SH-02Aに電話帳インポート

日本の携帯向けモバイルサイトのテスト用に1円でDoCoMo SH-02Aをゲット!
せっかくなのでフルに活用したい。

そこで、まずはアドレス帳のインポート。結構ややこしいのでメモ。

PC環境など

手順

アドレスデータの準備:

  1. Address Book Exporterを起動して、アドレスデータを書き出す。(CSVではなく、Tabで区切られたデータが書き出されます)
  2. NeoOffice (Mac版のOpenOffice)で、Tabで区切られたデータをコンマで区切られたデータに保存しなおす。この際、氏名を統合するなどのデータの調整を行う。

ドコモケータイdatalinkの準備とアドレスのインポート:

  1. VMWare Fusion 3にドコモケータイdatalinkをインストール
  2. SH-02A用のUSBドライバをインストール (ドライバはこちらからダウンロード可能)
    ※インストールする際に、設定ファイルを右クリックして「管理者として実行…」をクリックしないとインストールがうまくいかない
  3. ドコモケータイdatalinkを起動。ユーザ登録などをする
  4. USBケーブルを使って携帯をMacBookに接続。
    ※この際、VMWare Fusionの「USB」で「Sharp FOMA SH02Aに接続」をクリックする。これをしないと携帯が認識されない
  5. ドコモケータイdatalinkの「ファイル」>「インポート」>「CSV」を選択。
  6. 先ほど書き出したCSVファイルを選択
  7. 該当するデータ項目を選んで、あとは画面の説明通りに進める

※ちなみに、僕は携帯メールアドレウをMacのアドレスブックでカスタム項目として「携帯メール」としていたのですが、これがインポートできませんでした。インポートするには、「携帯メール」を「その他」のメールアドレスに設定をし直す必要がありそうだ。

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です