https://でエラーが出たときにページ上のセキュアではないコンテンツを確認する方法

Advertisement

SSLでウェブサイトに接続すると「このページには安全でないコンテンツが含まれています」と表示される時がある。ところがソースを見ただけではこの「安全でないコンテンツ」を探すの容易ではない。

そんな時に便利なのが、ブラウザの「デベロッパー ツール」にある「コンソール(Console)」。

Macだと「alt + ⌘ + i」で「デベロッパー ツール」を呼び出して「Console」のタブをクリック、または、ファイルメニューの「表示 > 開発/管理 > デベロッパー ツール」で表示させることができる。あとはページをリロードすると問題のある箇所が表示されます。

「安全でないコンテンツ」がページに含まれていると、たとえばGoogle Chromeでは以下のような表示になってしまいます。

せっかくSSLでつないでいるのに、逆にセキュアではない印象を与えてしまいますよね。

ユーザの方々に安心してもらうことが目的のSSL接続なのに、まったく台無しです。トラブルシューティングなどにはこういったツールを使って、すべてのコンテンツがSSL接続をしても問題ないようにしっかりチェックしたいですね。

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です