https://でエラーが出たときにページ上のセキュアではないコンテンツを確認する方法

Advertisement

SSLでウェブサイトに接続すると「このページには安全でないコンテンツが含まれています」と表示される時がある。ところがソースを見ただけではこの「安全でないコンテンツ」を探すの容易ではない。

そんな時に便利なのが、ブラウザの「デベロッパー ツール」にある「コンソール(Console)」。

Macだと「alt + ⌘ + i」で「デベロッパー ツール」を呼び出して「Console」のタブをクリック、または、ファイルメニューの「表示 > 開発/管理 > デベロッパー ツール」で表示させることができる。あとはページをリロードすると問題のある箇所が表示されます。

「安全でないコンテンツ」がページに含まれていると、たとえばGoogle Chromeでは以下のような表示になってしまいます。

せっかくSSLでつないでいるのに、逆にセキュアではない印象を与えてしまいますよね。

ユーザの方々に安心してもらうことが目的のSSL接続なのに、まったく台無しです。トラブルシューティングなどにはこういったツールを使って、すべてのコンテンツがSSL接続をしても問題ないようにしっかりチェックしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です