IE6は消えない。そんな気がしてならない。。。

Advertisement

先日(12月15日)、Microsoftが古いバージョンのInternet Explorerをオートアップデートで更新することをThe Windows Blogで発表しました。この自動アップデートで、古いバージョンのInternet Explorerは

  • Windows XPではIE8
  • Windows 7ではIE9

に自動でアップデートされるそうです。

このニュースを見て、「ついにこの日が来たか!」と興奮した方も多いと思います。が、僕は喜ぶにはまだ早いと思っています。それは、このオートアップデートが機能するには以下を満たしている必要があるからです:

  • Windows Updateがオンになっている
  • 自動アップデートのブロッカーがインストールされていない

今でもあえてIE6を使っているユーザのほとんどは、なんらかの避けられない理由があってIE6を使っている。そう考えてほぼ間違いはないと思います。そして、そんなユーザのほとんどが、企業でやむを得ずIE6を使っている。そして、いまでもIE6を社員に使わせている企業は、自動アップデートのブロッカーをインストールしていると思います。今回の自動アップデートもブロックできるようなので、ブロックされる確率はかなり高いと推測します。

僕自身、IE6/7には悩まされ続けていて、IE6/7が消えてくれたら開発が楽になってどんなに嬉しいことか。。。と、頻繁に嘆いています。が、現実はそんなに甘くはない。そう思えてならないのです。

この自動アップデートは、まずオーストラリアとブラジルで2012年1月に実施されるそうです。この自動アップデートが日本で実施されるとき、僕の推測が間違っていることを心から願います。。。

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です