Picturefill 2.xにウェブ標準に影響する大きな問題発覚。2.3.1より前のバージョンはアップデート必須

Advertisement

以前このブログでも紹介したことがある picture 要素のポリフィル「Picturefill 」の2.3.1より以前のバージョンに大きな問題が発覚したそうです。

今後のHTMLの仕様策定に影響する可能性があるため、2.3.1より前のバージョンを使用している場合は必ずアップデートしてほしいとのことです。

Picturefill 2.x問題の要点

CSS-Tricksのゲスト投稿 RICG(Responsive Images Community Group) のMat Marquis氏が告知した内容の要点は以下の通りです:

  1. 2.3.1より前のバージョンは必ずアップデートしてほしい
  2. セキュリティの問題ではない
  3. 2.3.1より前のバージョンで、currentSrc属性に関する問題が発覚
  4. 2.xのアップデートには機能を壊す変更はないので安心してアップデートできる
  5. 今後のHTMLの仕様策定に影響する可能性がある大きな問題
  6. 1.xは関係ない
  7. 2.3.1へのアップデートで問題があったらGithubのIssues でヘルプを要請してほしい

ということで、もしPicturefill 2.3.1より前のバージョンを使っていたら、即アップデートしてほしいとのことでした。また、Picturefill 2.xを使っている方をご存知でしたら、ぜひ教えてあげてください。

より詳しくは…

より詳しくは、英語ですが「Please Update Picturefill — CSS-Tricks 」をご参照ください。

他のレスポンシブ・イメージ関連の記事

こちらもご参考までにどうぞ:

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です