「レスポンシブWebデザインで変わるワークフロー」のプレゼン資料をアップしました

Advertisement

上にスライドが表示されない場合はこちらからご覧ください。

3月9日に行われたSwapSkills Doubbble09 「マルチデバイス時代の新常識
レスポンシブWebデザインの今と未来」
という勉強会で「レスポンシブWebデザインで変わるワークフロー」という題名でお話をさせていただきました。プレゼン資料の公開のお許しが出たのでシェアします。プレゼン資料だけだと分かりづらい部分もあるかと思いますが、少しでもなにかのお役に立てば幸いです。

また、関連する内容で、このブログの記事でぜひ読んでいただきたいものをご紹介しておきます:

ちなみに、他のセッションでは、表示パフォーマンスをはじめ、プロトタイプ作成に使えそうなツール「Adobe Reflow」の紹介やRWD制作の最新事情(VHやVWについての興味深い話など)のお話がありました。宣伝になってしまいますが、僕のセッションも含め講演の内容は電子書籍化する予定だそうです。近日こちらで告知されるはずです。乞うご期待!

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です