Alfred入れたけど活用できてない方に。基本機能やオススメ・ワークフローをまとめてみました

Advertisement

alfred3

キー操作でいろいろできるMacの超便利アプリ「Alfred 」がバージョン3になりましたね。Workflow機能の改善やクリップボード機能のマルチメディア対応、さらにスニペット機能まで追加されました。

僕は昨年暮にMega Supporterライセンス を購入して生涯無料アップグレードをゲットしていたので、ベータ版からAlfred 3を使っていたのですが、もっと活用したいなぁと思っていました。でも、手をつけられずにいたので、この機会に基本的な使い方から便利なWorkflowまでをまとめておこうと思います。

書いておかないと、すぐに忘れてしまうし。。。ちなみに、有料版のPowerpack を前提に書いています。

目次

超基本編

この辺は書かなくても良さそうですが念のため。

アプリのランチャー

Alfredを立ち上げてアプリ名を入力するとアプリが起動できます。

alfred-open-app

システム機能のショートカット

スリープ、スクリーンセイバー、再起動、ゴミ箱を空にする、システム終了、アプリ終了など、システム・コマンドをAlfredから実行できます。僕は職場で席から離れるときなどにスリープをよく使います。

alfred-sleep

デフォルトで設定されているシステム機能のキーワードをいくつか紹介します。

キーワード 機能の説明
sleep スリープ
screensaver スクリーンセイバーの起動
restart Macの再起動
emptytrash ゴミ箱を空にする
shutdown システム終了
quit 'アプリ名' アプリの終了

他のものはAlfred Preferences > Features > Systemで、設定を確認できます。

ファイルやフォルダの検索

実は僕はあまり使わないんですけど、この辺の挙動をしっかり覚えたらもっと活用できそうです、よ、ね?

Alfredを起動してSpaceを押すとopenと同様にファイルの検索ができます。ファイルを検索してFinderに表示したい場合はfindキーワードでできます。

alfred-open-file
キーワード 機能の説明
open ファイルを検索してデフォルトのアプリで開く
Space 「open」と同様にファイル検索をしてファイルを開くことができます。
find ファイルを検索してFinderで開く

GoogleとかAmazonとか、よく検索するサイトをAlfredから検索できます。僕は自分のブログの過去記事を参照したいときに検索することも多いので、Alfred Preferences > Features > Web Searchで以下のCustom Searchを設定しています。

alfred-custom-web-search

これで「rriver ‘検索キーワード’」を入力すると、このブログの検索結果がブラウザで開きます。

alfred-rriver

他にも使える便利な基本機能

キーワード 機能
define ‘単語’ 単語をMacの辞書で検索ができます。辞書の環境設定で入れている辞書が検索できます。
clipboard クリップボードにコピーした内容が、テキストだけでなく画像やファイル一覧などが一覧で表示されて、ペーストできます。わざわざAlfredを立ち上げてキーワードを打ち込まなくても、⌘ + ⌥ + Cで呼出すこともできます。
365*24 普通に簡単な計算ができて、Alfred内で結果を表示してくれます。
= より高度な計算ができるそうです。sin()、cos()、tan()とか、log()とか?僕は使わないですけど、例えば「=sqrt(2)」と入力するとルート2を計算してくれます。
itunes iTunes Mini Playerの起動。⌘ + ⌃ + ⏎でも立ち上げられます。僕はあまり使わないですけど。

計算は以下のように表示されます。

alfred-regular-calc

より高度な計算をする場合、「=」を使います。

alfred-advanced-calc

あと、1Password と連携できたり、連絡先から人を探してメール書いたりと、人によっては便利な機能もありそうですけど、僕はあまり使いません。

ファイル操作編

たとえば、ファイルを選択すると下の画像のように「Action画面」でそのファイルに対するいろいろな操作ができます。

alfred-file-actions

これ、Finderで選んだ複数ファイルにも実行できるの知ってました?

Finderでファイルを選択したあと⌘ + ⌥ + ¥を押すと以下の画面が出てきます。ブログ用に撮ったスクリーンショットを一気に画像編集アプリで開くとか、便利に使えそうですね。

alfred-file-selection-action

ショートカット設定について

ショートカットは設定でいろいろ変更できるので、Alfred Preferences > Features > File Searchから設定を確認してみてください。特に、矢印記号のショートカットの部分は設定がややこしいのでお気をつけください。Default設定がわからなくてすみません。

Alfredは自分好みにカスタマイズがたくさんできるのですが、この辺がUXとかUI的にとっつきにくい要因になってるんでしょうね。難しいところです。

以下、僕の環境でのキーワードとショートカットです。

キーワード 機能
/ ルートからフォルダをナビゲート
~ ユーザフォルダーからフォルダをナビゲート
⌘ + ↓⌘ + ↑ フォルダが表示されている時に⌘ + ↓を押すと選択したフォルダに移動してファイル一覧が表示されます。⌘ + ↑を押すと1つ上の階層のフォルダに移動します。ちなみに、⌘なしで上下記号を押すと一覧の移動ができます。
(フォルダ・ファイル選択時) フォルダやファイルの選択時にを押すと、そのファイルに対する「アクション」を選べます。「Open with…」でアプリを選んでファイルを開いたり「Move to…」でフォルダの移動ができます。
(フォルダ・ファイル選択時) ファイルを選択した状態で⇧キーを押すと、ファイルのQuick Lookが開きます。もう一度押すと閉じます。
⌘ + ⌥ + / 前回Alfredで開いたフォルダからファイル操作ができます。「previous」というキーワードでも同じことができます。
⌘ + ⌥ + ¥ Finderでファイルを選択した状態でこのショートカットを押すと、選択したファイルに対する「アクション」を選べます。例えば、キャプチャした画像を複数選んでAffinity Designerで一気に開いたりできるわけですね。

スニペット機能編

Alfred 3から導入されたスニペット機能ですが、TextExpander などを使ってない方には嬉しい追加機能ですね。僕はaText というやつを使っているので、Alfredのスニペット機能はあまり使わなさそうです。

alfred-snippets

「Automatically expand snippets by keyword」にチェックを入れると、テキストエディターなどにキーワードを入力すると、自動で登録したスニペットに入れ替わります。

ちなみに、この機能をオンにしようとすると、システム環境設定の「セキュリティとプライバシー > プライバシー > アクセシビリティ」が表示されるので、Alfred Text Service.appにチェックを入れて「コンピューターの制御を許可」する必要があります。

alfred-allow-snippets

スニペットの例

例えば、下の画像のように「!table2」というキーワードでHTMLコードのスニペットを登録しておきます。

alfred-snippets-setting

テキストエディタに以下のようにタイプすると

!table2

以下に自動で入れ替わります。便利ですね。

<table>
<thead>
<tr>
<th></th><th></th>
</tr>
</thead>
<tbody>
<tr>
<td></td><td></td>
</tr>
</tbody>
</table>

スニペットのプレースホルダーについて

かなりベーシックですが、現状、以下のプレースホルダーが使えるようです。

プレースホルダー 説明
{clipboard} クリップボードの内容がコピーされます
{date} 日付がコピーされます。{date:short}、{date:medium}、{date:long}、{date:full}が指定できて、僕の環境ではそれぞれ「2016/08/24」、「2016/08/24」、「2016年8月24日」、「2016年8月24日水曜日」に変換されました。※shortとmediumは一緒ですね…
{time} 時間がコピーされます。日付と同様に{time:short}、{time:medium}、{time:long}、{time:full}が指定できて、それぞれ「16:34」、「16:34:46」、「16:34:46 JST」、「16時34分46秒 日本標準時」に変換されました。

プレースホルダーについては、以下のページでもう少し詳しく説明されています。

便利なワークフロー7選

いろいろ可能性を持ってそうなAlfred Workflowですが、とりあえず以下あたりを入れてみました。

  1. Lazy Link
  2. Can I Use
  3. Units
  4. Time Zones (2017/6/3現在使用不可)
  5. Google Translate (2017/6/3現在使用不可)
  6. Bluetooth Toggle
  7. Network Info

Browser(ChromeかSafari)で開いているウェブサイトのタイトルとURLをコピーしてフォーマットして、さらに、ペーストしてくれるWorkflowです。リンクしたいウェブサイトをブラウザで開いた状態でテキストエディタに行って、設定したショートカットを押すとリンクがペーストされます。

WorkflowをインポートしただけではHotkeyが動かなかったので、自分で設定しました(⌘ + ⌥ + V⌘ + ⇧ + Vを設定しました)。あと、それぞれの出力を自分の好きな形式にするように、若干スクリプトを変更しました。

ショートカット 機能
⌘ + ⌥ + V

タイトルとリンクをスペースで分けてペースト

例)
Rriver – 明日のウェブ制作に役立つアイディア http://parashuto.com/rriver/

⌘ + ⇧ + V

Markdown形式でペースト

例)
[Rriver – 明日のウェブ制作に役立つアイディア](http://parashuto.com/rriver/)

スクリプトの変更点

alfred-lazy-link-workflow-settings

上の画像の⌘ + ⌥ + Vで動く方のスクリプトを変更しました。

8行目の以下の部分を削除

    res.title = 'via: ' + res.title;

83行目の以下の部分を変更

  var str2 = $.NSString.alloc.initWithUTF8String('[' + res.title + '](' + res.url + ')');

以下に変更します:

  var str2 = $.NSString.alloc.initWithUTF8String(res.title + ' ' + res.url);

2. Can I Use

Alfred上でcaniuse.com のデータからHTML5やCSS3のサポート状況が確認できます。サクッと、flexboxのサポート状況どうだったっけ?を確認するのに便利ですね。

alfred-caniuse-workflow
キーワード 説明
caniuse 'キーワード' caniuse.comから簡易版の情報が表示されます。一覧から選択してを押すとcaniuse.comが開きます。

3. Units

為替や距離、気温などの単位を変換してくれます。

alfred-units-currency
alfred-units-pound
alfred-units-temperature
alfred-units-yard
キーワード 説明
units キーワードを入力すると、変換のオプションが表示されるので、順番に選択していけば好きなユニットの変換ができます。

4. Time Zones

注) 2017年6月3日現在、残念ながらこのWorkflowはAlfred 3.4でうまく動かなくなってしまっているようです。

世界の都市の時間を表示してくれます。

alfred-time-zones
キーワード 説明
tz 設定した都市の時間が表示されます。
tz '都市名' 入力した都市の時間を表示してくれます。
timezone add '都市名' tzで表示される都市を追加します。
+ クリック 一覧から都市を削除します。
timezone update サマータイムなどの時間情報を更新します。これ面倒だな。。。

5. Google Translate

注) 2017年6月3日現在、Google TranslateのAPIの変更によりこのWorkflowは機能していません。Google API keyを取得して使えるようにする方法 もあるようですが、面倒な設定が必要なようです。

Google翻訳を使って文章の翻訳を表示してくれます。

alfred-google-translate-example alfred-google-translate-settings
キーワード 説明
gt '翻訳先の言語一覧' '翻訳する文章'

翻訳先の言語一覧には「en(英語)」「es(スペイン語)」「de(ドイツ語)」「ja(日本語)」のように、各言語のショートコード の一覧をコンマ(,)で分けて表記します。

例) gt en,ja muchas gracias

gtset show 翻訳設定が確認できます。
gtset targetLanguage '翻訳先の言語一覧'

翻訳先の言語を設定できます。言語の一覧はショートコードをコンマで分けて表記します。

例) gtset targetLanguage en,ja

gtset sourceLanguage '言語' 翻訳元の言語を設定します。自動にするには「default」で設定します。

6. Bluetooth Toggle

Bluetoothのオン・オフを切り替えられます。

alfred-bluetooth-toggle
キーワード 説明
bluetooth オフの場合は「Bluetooth is OFF」と表示されるので、を押すとBluetoothがオンになります。

僕の場合、「bt」にキーワードを変更してアイコンを違うものに変更しました。

7. Network Info

IPとMACアドレスを表示してくれます。

キーワード 説明
ip IPアドレスを表示してくれます。
mac MACアドレスを表示してくれます。

さいごにひとこと

以上です!

これでだいぶAlfredを活用できるのではないかと思っています。自分でスクリプトを書くなどして、もう少しWorkflowを極めたいですけど、今回はこの辺で失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です