Macのキーボード操作アプリ、Alfredが便利。Spotlightとどう違う?

Advertisement

キーボード操作でアプリ起動やウェブ検索、ファイル検索ができるAlfredがなかなか便利。Macユーザの方はご存知の方も多いかと思いますが、かなり良いのであえてご紹介。その昔、Quicksilverを試して挫折しました。が、Alfredのほうは長続きしそうです。

便利なのは以下の2つの機能。

  • アプリの起動
  • ウェブ検索

基本的な部分ではSpotlightでも同じことができるんですが、Alfredのほうが操作感が良く拡張性が高いです。特にウェブ検索では、Alfredは好みのウェブサイトを検索できるように設定(Custom Searches)できるのに対し、Spotlightでは「Webで検索」と「Wikipediaで検索」というオプションしか出てきません。

無料版のAlfredのもう一つの強みは、システム関連の操作です。たとえば「ss」というキーワードを「screensaver」に設定すると、Alfredをi呼び出して「ss」と入力するだけでスクリーンセーバーを起動できます。同様に「sleep」や「shutdown」なども操作可能です。

15ポンド(約2,000円 – 4/26現在)出して「Powerpack」なるものを買うと以下のようなことができるようになるらしく、さらに便利そう。

  • 拡張機能が使える
  • フォルダー・ファイル操作ができる
  • iTunesのコントロールができる
  • アプリを開くときに「最近開いたファイル」が見られる

Alfredのダウンロードはこちらから。

参考

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です