Macのキーボード操作アプリ、Alfredが便利。Spotlightとどう違う?

キーボード操作でアプリ起動やウェブ検索、ファイル検索ができるAlfredがなかなか便利。Macユーザの方はご存知の方も多いかと思いますが、かなり良いのであえてご紹介。その昔、Quicksilverを試して挫折しました。が、Alfredのほうは長続きしそうです。

便利なのは以下の2つの機能。

  • アプリの起動
  • ウェブ検索

基本的な部分ではSpotlightでも同じことができるんですが、Alfredのほうが操作感が良く拡張性が高いです。特にウェブ検索では、Alfredは好みのウェブサイトを検索できるように設定(Custom Searches)できるのに対し、Spotlightでは「Webで検索」と「Wikipediaで検索」というオプションしか出てきません。

無料版のAlfredのもう一つの強みは、システム関連の操作です。たとえば「ss」というキーワードを「screensaver」に設定すると、Alfredをi呼び出して「ss」と入力するだけでスクリーンセーバーを起動できます。同様に「sleep」や「shutdown」なども操作可能です。

15ポンド(約2,000円 – 4/26現在)出して「Powerpack」なるものを買うと以下のようなことができるようになるらしく、さらに便利そう。

  • 拡張機能が使える
  • フォルダー・ファイル操作ができる
  • iTunesのコントロールができる
  • アプリを開くときに「最近開いたファイル」が見られる

Alfredのダウンロードはこちらから。

参考

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です