macOS CatalinaのAlfredで同じアプリが2回表示される問題の解決法

macOS CatalinaのAlfredで同じアプリが2回表示される

macOSをCatalinaにアップグレードすると、Alfredで同じアプリが2回表示される場合があります。

これは、Alfredで「reload」とタイプして実行すれば解決します。

この「reload」を実行するとアプリケーションのキャッシュやリロードのスクリプトがクリアされるので、同じアプリが2回表示されなくなります。Settings > Advanced > 「Clear Application Cache」をクリックしても同様に解決します。

Alfred 4.0.5を使っている場合

Alfred 4.0.5のアップデートではAlfredの初回起動の際に自動でCacheをクリアしてくれるようになっているので、Catalinaにアップグレードする前にAlfredが4.0.5にアップデートされていた場合は、この問題は発生しないはずです。

Alfred 3でも最新バージョンの購入は必要ない…はず

Alfred 3でも同じ方法で解決するようなので、最新バージョンを購入する前にこの「reload」を試してみることをおすすめします。(自分はAlfred 4を使っていてAlfred 3では確認できていないので確実な情報でなくてすみません。。。)良いアプリなので購入してもいいんですけどねw 僕はMega Supporter(39ポンド)ライセンスを購入して永久無料アップグレードできるようにしています。

gori.meさんのCatalina関連の不具合情報まとめの記事 に「最新バージョン購入で解決」と書かれているんですが(10月18日 9:00現在)、購入は必要ないと思うのでお気をつけください。gori.meさんの記事にはコメントを入れておきました。ありがたい記事なので、気付いて修正してもらえるといいな…。

そのほかの注意点など

Alfred公式のヘルプサイトにCatalinaについてのまとめページがあったので、そちらを参照されることをおすすめします。まとめページの要点は以下の通りです。

Alfred 4を使っている場合

  • 4.0.5のアップデートが出ているので、アップデートされていることを確認
  • Catalinaの最新のアップデートをインストールする
  • 同じアプリが2つ表示されたら「reload」をタイプする
  • 探しているアプリが出てこなかったらSettings > Features > Search ScopeのところにあるResetボタンをクリックして、Alfredで「reload」をタイプする(新規インストールの場合はアプリがインデックスされるまで数時間待つ)

Alfred 3を使っている場合

  • Alfred 3でも使える。3.8.5以上にアップデートされているか要確認
  • Alfred 3ではiTunesのMini Playerが使えなくなる

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です