Twitter for MacのDeveloper Consoleの使い方

Advertisement

前回のTwitter APIについてのまとめでTwitter for MacのConsoleについて触れたのですが、使い方が分かったので簡単にまとめておきます。前回の記事で紹介したTwitter Devサイトのウェブ版コンソールよりサクサク動きますし、Twitter APIのテストの際には心強い味方になってくれそうです。

設定準備

1. まずはじめに、このConsoleのすべての機能を使うにはTwitterでApplicationを登録してある必要があります。Applicationの登録はこちらから。

2. 「Twitter > Preferences > Developer」で「Show Developer Menu」にチェックを入れる

3. 登録したApplicationの以下の情報を入力する
TwitterのApplication詳細画面から見られます。

  • Consumer key
  • Consumer secret
  • Access token
  • Access token secret

Consoleの起動

Twitter for Macのメニューから「Developer > Console」を選択するとConsoleが起動します。上記の設定準備がしてあると「Authenticated」が必要なAPI Requestも送信することが可能になります。

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

“Twitter for MacのDeveloper Consoleの使い方” への1件のコメント

  1. […] API Requestを試せるコンソール これがすごく便利。APIがどんな動きをするのか確認できるので、バグを探すのに大変役立ちました。Twitter for MacにもConsoleがついているんですが、「Authenticated」のリクエストを送信する際の承認方法がわかりません。。。 ※追記: 使い方分かったのでまとめました → 「Twitter for MacのDeveloper Consoleの使い方」 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です