iPadをMacBookのセカンドディスプレイにできるDuet Displayが便利だった

Advertisement

Gatsbyサイト の制作の際やJS寺子屋の課題やReactのチュートリアル をやる際に、スクリーンが2つあったら便利なのにと思っていたので、iPadをセカンドディスプレイにできるDuet Display を入れてみました。インストールに少しばかり手こづりましたが快適に動いています。かなり便利です。

MacBookとiPadを持っていて、1度でもスクリーンスペース足りないなぁと思ったことがある方には絶対オススメです。ウェブ制作にも重宝します。

Macアプリは無料ですけど、iOSアプリの方は有料(購入時1,200円)なのでご注意を!

導入手順

導入手順は以下の通りです。

  1. 無料のMacアプリをインストール
  2. 有料のiOSアプリをインストール(期間限定50%OFFとのことで1,200円でした。ほんとに期間限定なのかな?)
  3. Macアプリを起動する(ツールバーにアイコンが出てきます)
  4. MacとiPadをケーブルでつなぐ
  5. iPadでアプリを起動(最初に出てくる設定はスキップでOK)

僕の場合、最初はうまく認識されなくて、Macアプリで設定を変更しようとしたらフリーズしました。仕方なく再起動して再度試したら問題なく認識されました。以降、まったく問題なく動いています。

設定の手順は、サルワカさんの記事「iPadがサブディスプレイに!アプリ「Duet Display」の使い方 」が詳しくてわかりやすかったです。

実行環境

僕の実行環境は以下の通りです。Macの場合はOS X 10.9以上でiOS 7以上のiPad全機種に対応とのことです。それから、Win 7以上でも使えるそうです。あと、試してないのでiPhoneにも対応とありますが役に立つかは不明ですw

Mac

  • MacBook Pro (13-inch, 2018, Four Thunderbolt 3 Ports)
  • macOS Mojave 10.14.2
  • Duet 2.0.4.6

iPad

  • iPad Pro 9.7インチ
  • iOS 12.1.1
  • Duet Display 2.0.9

ケーブル

USB-C – Lightningケーブルは持っていないので、USB-C to USB-A変換アダプタをつけて使っています。それでも問題なく動いてます。これ↓↓

もう一つのオプション

もう一つのオプションとしてはLuna Displayがありますけど、こちらは80ドル近くするので高めの値段ですね。ワイヤレスは便利そうですけど、結局Macにドングルを刺すので利便性はあまり変わらないと思います。勝手な想像ですが、有線のほうが安定してそうだし。

さいごに

ということで、iPadをMacBookのセカンドディスプレイにできるDuet Displayの紹介でした。僕は「え?!無料なの!」と思ってMacアプリを入れたらiOSアプリが有料だったので「あら、そうんなんだ…」となりました。UX的には惜しいですが、高くないですし十分にその価値はあると思います。

活用して勉強しよう。そうしよう。

Enjoy learning!

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です