Firefoxの開発ツールで色覚シミュレーターを有効にする方法

Advertisement

さまざまな色覚タイプの見え方をシミュレートする機能がFirefoxに搭載されていたのご存知でしたか?僕は知らなかったんですが、実はこの機能、デフォルトでは有効になっていないので設定の方法をメモっておきます。メモっておかないと忘れそうなんでw

以下、Mac版Firefox 76.0.1で確認をしました。

1. シミュレーション機能を有効にする

Firefoxのアドレスバーにabout:configを入力した際に表示される画面

アドレスバーに「about:config」と入力して「gfx.webrender.all」を検索します。設定値が「false」になっているので切り替えのアイコンをクリックして「true」にします。

ちなみに、「NVIDIA製GPUを搭載する一部のWindows環境で、『WebRender(Quantum Render)』がデフォルトで有効化された 」とのことで、gfx.webrender.allをtrueにしなくてもシミュレーション機能が使える場合があるようです。グラフィックの画像処理はアドレスバーに「about:support」と入力すると表示されるページの「グラフィック」セクションで確認できます。

2. Firefoxを再起動する

設定の変更後、Firefoxを再起動します。

3. 開発ツールの「アクセシビリティ」タブを表示する

Firefoxの開発ツールでアクセシビリティ・タブを開いてシミュレートのドロップダウン項目を表示させた画面

開発ツールを開いて「アクセシビリティ」タブを開くと「シミュレート」というドロップダウンが表示されています。ここからシミュレートする色覚が選べます。

  • 1型3色覚(赤色弱)
  • 2型3色覚(緑色弱)
  • 3型3色覚(青色弱)
  • 1型2色覚(赤色盲)
  • 2型2色覚(緑色盲)
  • 3型2色覚(青色盲)
  • コントラスト消失

以上です!

ちなみに、Chromeでも83から同様のツールが搭載 されたそうです。

参考リンク

About the author

Rriverのステッカーが貼られたMacBookの向こうにいる自分のMemojiの似顔絵

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です