BartenderでMacのメニューバーをすっきりミニマルに

Advertisement

最近、Macのメニューバーがとっちらかってきたので、以前から気になっていた「Bartender 2 」というアプリを入れてみました。メニューバーを整理するためだけに15ドルも払う?という疑問は横に置いておいて…。

MacBookでは特に、メニューバーがすっきりして気持ち良いです。笑
無料で4週間使えるので、気になる方は一度入れてみると良いと思います。

メニューバーをこんな感じに整理できます。

Bartender Bar非表示状態

Spotlightの虫眼鏡アイコン以外は全て隠せるので、ミニマリストの方は虫眼鏡アイコンのみの表示にも設定できます(※)。

で、Bartenderのアイコン(…)をクリックすると…

Bartender Bar表示状態

「Bartender Bar」というのがメニューバーの下に表示されます。

※ 追記: 2017/1/29

Spotlightアイコンの隠し方

調べてみたら、El Capitan以降のMacOSでメニューバーからSpotlightアイコンを非表示にする方法がありました。一度El Capitanで新しく導入されたSIP(System Integrity Protection)をオフにして、Macを立ち上げてBartender 2を起動するとシステムコンポーネントをインストールをしてくれます。再度SIPをオンにしても、Bartender 2の設定画面でSpotlightアイコンを隠すオプションが出てきます。macOS Sierra(10.12.2)でも問題なく設定できました。

SIPを一時的にオフにする方法は、以下の記事でまとめてますのでそちらをご参照ください。

英語ですけど、設定方法は以下のBartender 2のサポートウェブサイトで紹介されていました。

Bartender 2で気に入った機能

1. アイテムごとの表示設定

メニューバーに表示されるアイテムごとに、以下を設定できます。

  1. そのまま表示する
  2. Bartender Barに表示する
  3. 表示しない

あと、アップデートがあったアイテムは5秒間表示するといった設定ができます。

設定画面はこんな感じです。

Bartender設定画面

2. アイテムの並べ替え

⌘ + ドラッグでメニューバーのアイテムが並べ替えられます。

3. ショートカットキー(HotKey)の設定

Bartender Barの表示・非表示にキーボードショートカットを設定できて、表示させて矢印キーでアイテムを選ぶこともできて便利です。僕はSpotlightはほとんど使わないので、⌘ + スペースをBartendar Barの表示・非表示用のショートカットに設定しちゃいました。

以上、ミニマリストなマカーの方々にオススメな「Bartender 2」の紹介でした。macOS Sierraにも対応してますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です