バナー広告制作のチェックポイント

バナー広告のクリエイティブを作っていた際に、効率化のための「ガイドライン」があったらいいなと、ふと思ったのでベーシックなものを作ってみた。

バナー広告の制作の際と制作後には、以下のようなポイントを確認するべきだと思う。

  1. バナーの設置ページが表示された際に、3秒以内に目につくか
  2. 目に止まった際に、自然と内容が頭に入ってくるようになっているか
  3. 「クリックしたい」と思わせる文言・内容になっているか、また、そういった工夫はされているか
  4. 内容がランディング・ページの内容の「プレリュード」になっているか
  5. バナーを数回目にした後にブランド名またはロゴが印象付られる作りになっているか

今後の課題:
ブランディング効果とCTR・CVR増加の両方を狙えるクリエイティブのポイントをまとめたい。

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です