Google Analyticsで都道府県別アクセスを見る方法


Google Analyticsの「地図上のデータ表示」で日本を見ると「都市」レベルのデータが表示されてしまい、アメリカのように州別(地域)で表示することができません。そこで、日本の都道府県別のアクセス・ユーザ数を見る方法をご紹介。

「都道府県別ユーザ数」のカスタムレポートをつくる

これは「カスタムレポート」を作ることで可能になります。「カスタムレポート」の作り方は以下のとおりです。

1. メニューから「カスタムレポート」をクリック

2. 右上の「カスタム レポートを新規作成」をクリック

3. レポートのタイトルを編集する

4. 左のメニューから、以下のように指標やディメンションをドラッグする

  1. 「指標 > 利用状況」から「ユニークユーザ数」を「指標」にドラッグ
  2. 「ディメンション > ユーザー」から「地域」を「ディメンション」にドラッグ
  3. 「ディメンション > ユーザー」から「都市」を「サブディメンション」にドラッグ

#3をすることで、レポート内で都道府県をクリックすると、その県の内訳を「都市」単位で見ることができます。

5. 各要素をドラッグし終わると以下のようになります

これで、以下のように都道府県別のユーザ数レポートが見られるようになります。

カスタムレポート、便利ですね〜
他にもこんなレポートが便利ですよ!というのがあったらぜひ教えてください。

参照サイト

今回は以下のサイトを参考にさせていただきました。ありがとうございました!
カグア! ー Google Analytics のTokyoは都内40市区以外の東京

About the author

「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、ボストン近郊のウェブ制作会社に勤務。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務した後、ウェブ担当者として日英バイリンガルのサイト運営に携わる。詳しくはこちら

ウェブ制作・ディレクション、ビデオを含むコンテンツ制作のお手伝い、執筆・翻訳のご依頼など、お気軽にご相談ください。いずれも日本語と英語で対応可能です。まずは、Twitter @rriver またはFacebook まで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です