Apple Pencilの2つの課題を解決する充電器付き筆箱「WILLGOOキャリングケース」

Advertisement

WILLGOOキャリングケース、Apple Pencilとフェルトケースに入ったiPad

「うちの製品を試してレビューを書いてくれない?」という連絡をいただいたので「依頼を受けたことを書いてもいいならいいよ」と返事をしたら、さっそく製品を送ってくれました。届いたのは「WILLGOOキャリングケース 」という充電機能付きのApple Pencil用ケース(お箸箱w)です。

せっかくご依頼いただいたので僭越ながらレビューさせていただきますw

Apple Pencilが抱える2つの問題

Apple Pencilはデザインがシンプルで美しいんですけど、機能面で2つほど大きな(?)問題があります。

  1. キャップとLightningアダプタをなくしそう
  2. iPadで充電するにはぶっ刺す必要がある

キャップとアダプタをなくしそう

Apple Pencil、キャップとLightningアダプタ

この2つは注意しないとすぐになくしそうです。キャップはペンに着けとけば良いですが、アダプタの方はしまうところもなく、すぐにどこかに行ってしまいそうです。

iPadで充電するにはぶっ刺す必要がある

Apple PencilをiPadで充電しているところ。Lightningコネクタに「ぶっ刺す」感じになる

15秒程度の充電で30分ほど使えるので機能的といえばそうですけど、このぶっ刺す感じはイケてないですよね。なんかえげつないというかw

ぶっ刺し中は気になってiPadが使いにくい状態になります。まぁ、気にせず使ってもいいですけど、ポキッといったら嫌ですしw

充電器付き収納ケース

そんな問題を解決してくれるのが、この「WILLGOOキャリングケース 」です。

WILLGOOキャリングケースを開けた状態。2本ケーブルが付属してます

お箸箱の形をしたケースで、以下を収納できてApple Pencilを10回程度フル充電できるバッテリーになっています。

  • Apple Pencil
  • キャップ
  • Lightningアダプタ
  • 取り換え用のペン先
  • USBケーブル(Lightningまたはmicro-USB)

見た目の仕上がりはしっかりしていて、なにより、お箸箱みたいで可愛いです。

iPad、Apple PencilとWILLGOOキャリングケース

外出時のiPadのお供にApple Pencilのケースを探している方には重宝すると思います。家での収納にもいいかもしれません。僕は持ち運ぶ荷物を増やしたくないので、たぶん後者になると思います。

※ケーブルは2本付属していますが、ケースには1本しか入りません。

「こうだったらいいのに」ウィッシュリスト

見た目も可愛いし製品の仕上がりはしっかりしているんですが、「ここがこうだったらいいのになぁ」というところもいくつかあります。Apple Pencilの課題を解決するという製品コンセプトがいいだけに「ここが惜しぃんじゃぁ!(千鳥ノブふう)」と思うところが結構ありましたw

もし次のバージョンの開発があるのなら、ぜひ以下の改善を検討してもらいたいです。

蓋の締まりがあまい

蓋はマグネット式なんですが、マグネットがすこし弱いので持ち運ぶ際にはバンドで縛る必要がありそうです。逆さにしてもギリギリ落ちないですが、少し振ると落ちちゃいます。

そのままカバンに入れたら移動中に蓋が取れちゃうと思います。ご注意ください。

ケース充電のためのケーブルの差し込み口は外側がいい

付属のケーブルを使ってMacBook Proに接続してケースを充電する場合、以下のようになります。

WILLGOOキャリングケースをMacBook Proに接続して充電していることろ

ちょっと窮屈ですよね?

ケースの充電のためにいちいちフタを開けなきゃならないし。AirPodsみたいに外側にコネクタがあった方が充電しやすいですね。

AirPodsのLightningコネクタ部分

あと、ケースの充電のためのケーブルもLightningでできれば付属のケーブルは1本で済みます。いまの仕様だとケースの充電にはmicro-USBコネクタを使うので、ケーブルが2本必要になってしまうんですね。

ケーブルなしでApple Pencilが充電できれば最高なのに

Apple Pencilを充電する際、ケーブルを使わないといけないのは面倒です。

WillGooキャリングケースでApple Pencilを充電しているところ

下の写真の部分でケースに刺す仕様にすればApple PencilとケースをつなぐケーブルもLightningアダプタも、USBポートも必要なくなります。

WILLGOOキャリングケースのApple Pencilを入れる部分。ここにLightningコネクタが付いていて充電できれば便利なのに

そうすれば付属のケーブルも1本で済むしUSBポートもなくなってスッキリしますよね。Lightningコネクタはコストがかさむんでしょうか?

さいごにひとこと

以上、「WILLGOOキャリングケース 」のご紹介とレビューでした!

WillGooのセールスの方(たぶん香港の方?)がこのブログのFacebookページ 経由で自動翻訳っぽい日本語でメッセージを送ってくれてレビューを書くことになりました。海外の方がつたない日本語で一所懸命プロモーションをしているのを見て、なんか心を打たれたというか、感心したというか。僕も広報部で仕事をしているので、学ばせてもらう気持ちで「Yes, sure」と返信してしまいましたw(メッセージの日本語が英語の直訳っぽかったので英語で返信しました)

はじめにもらった日本語のメッセージは若干意味がわからない部分もあったので、なんか怪しい詐欺か?と一瞬疑いましたけど。このブログは「実験の場」だし、このブログのテーマに関連するものであれば「来るものは拒まず」の精神でやっているので、今回もとりあえずやってみて良い経験をさせていただきました。WILLGOOのセールスの方、楽しい機会をありがとうございました!

しかし、ブログをやってるといろいろな体験ができて面白いですね〜。だから辞められないw

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です