3本のタッチペンを比較してみたら、やっぱりApple Pencilが最高だった件

Advertisement

Apple Pencil、Pendorra、Bambooの3本のタッチペン

先日、WILLGOOという会社の方から頼まれてレビューを書いた「WILLGOOキャリングケース」に続き、今度は充電式タッチペンが送られてきましたw

せっかく送ってもらったので、僕が持っている他の2本のタッチペンと比較しつつレビューを書いてみたいと思います。

今回送ってもらったのが「Pendorra充電式タッチペン 」で、以前から使っているApple Pencilと、だいぶ昔に使っていたBamboo Stylus Soloの比較です。

やっぱりApple Pencilが最高

結論から言ってしまうと、高いけどやっぱりApple Pencil最高でした。

Apple Pencilが約12,000円で他の2つが3,000円程度と値段の差は大きいですが、Apple Pencil対応のiPadを持っている方には絶対にApple Pencilをお勧めします。

Apple Pencilは本当に精確で、PaperProcreate などでスケッチしていると物理的な紙に書いているのと同じくらいの感じで書けます。一方、他の2本だと反応が遅いですし精確さにも欠けるため、気持ちよくスラスラと描くことはできません。

PendorraのAmazonのレビュー では「感度がよい」と書いている方もいるので端末によっては違うんですかね?ちなみに、iPhone Xのメモアプリで試してみたんですが、画面が小さいからなのか、少し反応が良い感じはしました。

あと、他のタッチペンでBluetoothで接続するタイプのものはどうかと思ってWacom Bamboo Sketch というスタイラスのレビュー を見てみたら、やっぱり「書き心地を追求するならやっぱりApple Pencil」と書かれていますね。

さすが、Apple Pencilと言わざるをえないというか。やっぱりApple Pencil最高。

書きごこちランキング

あくまで個人的な意見ではありますが、この3つの製品の書きごこちランキングは以下の通りです。残念ながらPendorraは最下位。

  1. Apple Pencil
  2. Bamboo Stylus Solo
  3. Pendorra

Bambooのスタイラスはかなり古いものですしペン先が太くて若干書きにくいんですけど、それでも僕が使っているiPad Proでの反応はPendorraよりも良く、書きやすい感じがしました。ちなみに、さっきも書きましたがApple Pencilと他の2つの製品の書きごこちは雲泥の差です。

僕はApple Pencilに慣れてしまっているので、他の2つの製品と比べるのは可愛そうな気もしなくはないですが、Pendorraではちょっとした落書き程度ならOKでも、反応が遅いのでしっかりとスケッチを描きたいとかグラレコしたいという場合はちょっと無理だと思います。最近、写真を加工するアプリがたくさんありますが、そういうアプリで写真にちょっとした落書きをするとか、そういう用途だったら良いかもしれません。

Pendorra充電式タッチペンはこんな製品です

Pendorra充電式タッチペンの同梱物

充電して使うタッチペンです。ペンの頭の部分にあるボタンを押して電源を入れて使います。Bluetoothで端末と連携させて使うものではないので、静電気を発生させるための電源なんですかね?

同梱物

  • ペン本体
  • 充電ケーブル(micro-USB)
  • USBアダプタ
  • ケース
  • 簡易マニュアル

ペンの頭のキャップを外して充電します。2時間の充電で6時間ほど使えるそうです。電源は2分放ったらかしにしておくと自動で切ってくれるそうですよ。電源を入れた時に青く光ると充電OK。赤く光ると要充電の印です。

Pendorra充電式タッチペンの頭のキャップを外したところ

充電中はインジケーターが赤く光って、充電が終わると青くなります。

Pendorra充電式タッチペンをMacBook ProにUSBで繋げて充電

ペン先はこんな感じです。

Pendorra充電式タッチペンのペン先

Bambooよりペン先が細くて期待したんですが、太くてもBambooの方が描きやすかったです。以下はBamboo Stylus Soloの写真。

Bamboo Stylus Solo

さいごにひとこと

ということで、Pendorra充電式タッチペン のレビューでした!

製品の仕上がりはしっかりしていて、赤いのがすごく可愛いいです。でも、タッチペンとしての精度に欠けるのは製品としては厳しいなぁと思いました。あくまでApple Pencilに慣れてしまっている自分の感想なので、初めてスタイラスを使う方は違った反応を示す可能性もありますが。ぶっちゃけ、この値段でもオススメはできないかなぁというのが本音です。WILLGOOさん、すみません。

せっかく送っていただいた製品なので、あまり良くないレビューを書くのは心苦しいですが、かと言って嘘は書きたくないですし。別にそういうことをするためにこのブログをやっているわけではないので。レビューを依頼されて書くというのも、なかなか簡単ではないですね。プロのレビューアーの方の苦労を体感できました。勉強になりました。

いやぁ、しかし、他の製品を使ってみてApple Pencilのすごさを思い知らされました。比較対象としては価格帯も種類も違う製品なのでフェアではないかもしれませんが。だから、高くてもApple製品を買っちゃうんですよね。安かろう悪かろうはストレスだし。安物買いの何ちゃららとも言いますしね。関係ないけど、新しいMacBook Proが欲しいw

では、Have a nice weekend doodling on iPad!

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です