2018年のRriverを振り返る

Advertisement

2018年もあと2日になりましたね。今年もありがとうございました。
このブログに書いたことが、わずかでも世界の誰かの(それが1人でも)役に立ったなら嬉しいです。

2018年に書いた記事を見ながら、この記事を書いたときはあんなこと考えてたなぁ、こんなことあったなぁと、いろいろ思い出しています。楽しいことも苦しいことも、ありましたね。

さて、それでは2018年のRriverを振り返ってみます。

2018年に書いた記事

2017年に引き続き週1本を目標にしてたんですが、「役に立つ」記事を週に1本書くのは簡単じゃないですね。今年は8月のGoogleのアルゴリズムアップデート(Moz – Google Algorithm Change History )の影響で(たぶん)、このブログのアクセスが急激に下がってしまったこともあり、9月と10月はやる気をなくしてほとんど記事を公開しませんでした。仕事でもいろいろあったし、いま思い出すと、なんか辛い時期だったのかもなぁ。

アクセス数が全てじゃないですが、可視化しやすいのでついつい気にしてしまいます。でも、2019年は本数やアクセス数を意識し過ぎずに「役に立つ情報」を目指して書いていこうと思います。

2018年 46本
2017年 44本
2016年 42本
2015年 28本
2014年 15本

アクセスランキング トップ10

2018年に書いた記事の中で、年間を通してアクセスの多かった記事をご紹介します。

1. position: stickyの面白い使い方と使用時の注意点

2. CSS GridとFlexboxを使ってメディアクエリなしでレスポンシブにレイアウトする方法

3. スクロール時にちょっとしたアニメーションを加えたいときに使えるJSライブラリ「ScrollReveal」

4. JPEG画像の最適化には85%の品質がいいらしいので画像の最適化プロセスを見直してみた

5. CSS Gridを使うならマスターしておきたいauto-fillとauto-fitの違い

6. CSS Gridでレイアウトやフレームワークの考え方・作り方が変わる

7. Apple Watch(watchOS 5)向けのレスポンシブ対応についてのまとめ

8. iPad向けのイラスト・UI設計・グラフィックデザインツール「Affinity Designer for iPad」が最強かも

9. 色のアクセシビリティが確認できるMacアプリ「Contrast」が超便利

10. iPad Pro用に買った極薄・軽量のコンパクトBluetoothキーボードがかなり良い

さいごに

ということで、2018年の振り返りでした!
では、みなさま、良いお年をお過ごしください。

Enjoy 紅白!

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です