IEは避けて通れない

Advertisement

Jeffrey Zeldman氏が書いたIEに関するブログ記事「IE9 Preview」を読んでIEについて考えさせられた。

ウェブ制作者のほとんどがIEで苦労したことがあって「IEなんてなければいいのに」と思っている方も多いはず。アメリカでは、IE6の葬儀まで行われたほどだ。

そんな僕もIEを嫌う制作者の一人で、ウェブページを制作していて幾度となくIEがなくなれば

  • 制作がどんなに楽になるか
  • より最新の技術が使えるようになるのに

と、心から思ったことがある。

が、そんなことはどうだっていいユーザは多くいる。
ブラウザはコンピューターに入っているものを使う。ただそれだけ。ネットにつながって、ウェブページが見られればいい。
そんなユーザが多いわけだ。

現に60%以上のユーザがいまだにIEを使っていて、それが急激に減る傾向は見られない。

どう考えても少なくともこれから先、数年間はIEは避けて通れない。
WindowsがOS市場を牛耳っている限りこの状況は変わらないし、周りがどんなに騒いでもMicrosoftが変わらなければIEは変わらないわけだ。

Zeldman氏が言っている以下のことに僕も同意するが、IEの開発チームが、Microsoftがこういった声を聞き入れてくれるのだろうか?それを心から願うばかりだ。

IEが標準に準拠することが、IE特定の新しい機能を開発するよりも重要だ。

IEをパッチして修正するより、WebKitに移行した方がエンジニアリング・リソースの良い利用方法だ。

Zeldman氏のブログ原文へのリンク

About the author

Rriverの竜(りょう)です。「明日のウェブ制作に役立つアイディア」をテーマにこのブログを書いています。アメリカの大学を卒業後、東海岸のボストン近郊でウェブ制作を開始。帰国後、東京のウェブ制作会社に勤務。現在は組織のウェブ担当者として日英バイリンガルウェブサイトの運営に携わっています。より詳しくはこちら

記事へのコメントはもちろん、執筆・翻訳、レスポンシブなウェブサイト制作、コラボのご相談などもTwitter @rriver またはFacebook でお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です